自律神経失調症治療専門 横幕鍼灸院(兵庫県神戸市)は、病院で治らない・原因不明と言われた自律神経失調症・更年期障害・パニック障害・起立性調節障害を専門に、薬を使わず治療する鍼灸院です。

自律神経失調症治療専門

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16 サンビルダー六甲山の手1F

アクセス:阪急電鉄六甲駅より徒歩2分

完全予約制まずはお電話ください

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

薄毛(AGA)を治すために

薄毛(AGA)を治すために

薄毛(AGA)の症状・原因・治療

薄毛(AGA:  androgenetic alopecia)とは、男性ホルモンが深く関与する進行性の脱毛症です。日本語では「男性型脱毛症」と呼ばれています。

症状が現われるのは成人男性を中心としますが、近年では低年齢化、また女性でもお悩みの方が増えている傾向にあります 

AGAを発症するのは思春期以降で、こめかみ辺りの生え際が徐々に後退していきます。あるいは頭頂部の毛髪が、細くてコシのない状態になっていきます。

薄毛はゆるやかに進行しますので、抜け毛が増えたことなどがきっかけで気になり出す方も多いでしょう。 

薄毛(AGA)に関する研究では、男性ホルモンと関係があることを示しています。中でもDHT(ジヒドロテストステロン)というものが、強い影響力を持っているといいます。薄毛(AGA)の治療では、このホルモンを抑えることなどで効果を得ています。 

薄毛(AGA)を治すためには、薄毛(AGA)の原因・治療・予防および対策について知ることが大切です。このページでは、薄毛(AGA)を治したい方のために、薄毛(AGA)の原因・治療・予防、対策について詳しく説明しております。

 

【目次】

  1. 男性ホルモンDHTとは
  2. 薄毛(AGA)の原因
  3. 薄毛(AGA)の治療
  4. 薄毛(AGA)の予防と対策

1.男性ホルモンDHTとは

男性ホルモンDHTとは、男性ホルモン内のテストステロンと還元酵素である5αリダクターゼが結合することで発生する悪性の物質です

テストステロンそのものは、男性らしくなるために必要な分泌物です。しかし5αリダクターゼが加わり悪玉となったDHTは、薄毛の原因となります。 

DHTは、テストステロンの約10倍から30倍といわれる強さを持ちます。頭皮にある毛乳頭細胞は毛髪の生成にかかわりますが、DHTの影響を受けると萎縮してしまいます

毛髪の健全な育成を阻害することになり、薄毛を進行させてしまうのです。

2.薄毛(AGA)の原因

薄毛(AGA)の原因と考えられることには、先述のDHTによる影響とそれ以外にもあります。下記にまとめてみました。 

1DHTが及ぼす毛周期(ヘアサイクル)への悪影響

毛髪が生成され抜け落ちるまでには、一定の周期があります。下記の通り分類されます。 

  • 成長期…毛乳頭細胞の活動期で、毛髪が生成され力強く育つ時期 (約4~6年)
  • 退行期…毛髪が成長しきった状態を維持している時期 (2、3週間)
  • 休止期…毛乳頭細胞は活動停止、毛髪が抜ける、または抜けるのを待っている時期 (数か月) 

DHTの影響を受けると、正常なヘアサイクルがバランスを崩し始めます。成長期が短くなり、きちんと成長しきれないまま抜け落ちることになります。抜けてしまった毛の中に細く短いものが増えてきたら、薄毛が進行している可能性があります。 

2)遺伝的要因

AGAの研究が進むにつれ、遺伝的な要因があることも判明しています。両親のうち、母方の祖父が薄毛であれば、その遺伝子を受け継いでいる可能性が高いといいます。ただ決定的というわけではなく、その傾向が強いということです。 

3)ストレス

社会生活においてストレスはつきものです。男性ですと、仕事の重圧や人間関係、生活のことなど複数のストレスに悩まされることもあります。影響として、自律神経やホルモンバランスの崩れ、血行不良などが考えられます。毛根の栄養不足から薄毛になります。 

4)食事や生活習慣の乱れ

日々の食事内容や生活態度は、健康状態に左右します。同様に、健やかな頭皮を維持できるかということにも関係します。毛髪にとって好ましいとは思えない生活習慣を、下記に示しました。 

  • 不規則な生活
  • 偏った食事内容、アルコールの過剰摂取
  • 喫煙の習慣
  • 睡眠不足
  • 運動不足 

5)加齢

年齢が進みますと、細胞の分裂が鈍化し新しい細胞がつくられなくなります。毛髪を産生する毛包も同じことで、次第に老化してくることがわかっています。加齢による薄毛は、若い方と状況が異なる自然な老化現象といえます。

3.薄毛(AGA)の治療

薄毛(AGA)の治療には、いくつかの方法があります。ご自分にふさわしいと思える複数の治療法を組み合わせ、効果をみていくことも可能です。 

1)飲み薬

悪玉男性ホルモンであるDHTの生成を抑えるフィナステリドという薬品があります(商品名:プロペシア錠剤など)。この薬は、厚生労働省の認可も受けています。継続的に服用することで効果が得られやすくなります。 

注意したいことは、フィナステリドは男性のみが服用できる薬品です。女性に対しては認められておらず、とくに妊娠中の方ですと胎児への悪影響が懸念されています。錠剤に触れることすら厳禁とされています。 

また服用に際しては、副作用があるということも心得ておくべきでしょう。フィナステリドは、ヘアサイクルを正常化させ、薄毛の進行を抑制するということが目的となります。効能の特徴として、発毛を促すというものではありません。 

2)外用薬

髪を発毛させる、成長を促す薬としてはミノキシジルがあります。血管を拡張させる目的である血圧症の薬から転用されました。この外用薬も、長期の投与において効果が期待できるものです。効果を高めるために、フィナステリドと併用されることもあります。 

3)植毛

頭皮の薄毛になっている部分へ毛髪を移植する方法です。自毛を使うか、あるいは人工毛を使うかという問題があります。人工毛ですと、拒絶反応を示す可能性もあります。また毛根のみ採取するのか、周辺の組織ごと移植するのか選択肢があり、それにより施術費用が変わります。

4.薄毛(AGA)の予防と対策

薄毛(AGA)の予防と対策は、薄毛が気になりだす以前から始めることが肝心です。下記の通り、予防と対策に関して大まかに分類しました。 

1)食事の内容

毛髪をつくるケラチンは、タンパク質を必要とします。植物性たんぱく質を多く摂取するのが良いでしょう。

また緑黄色野菜に含まれるビタミン類や、亜鉛、ミネラルなども積極的に摂るのが賢明です。具体的には、大豆食品やナッツ類、にんじん、かぼちゃ、昆布やわかめ、ひじきなどです。 

逆に、なるべく避けたい食品はジャンクフード(ファストフード)や香辛料などの刺激物です。酸化した油や動物性油脂を含む食品は、頭皮にもよくありません。また過度のアルコール類や糖分も控えましょう。 

2)生活習慣の改善

まず十分な睡眠を取ることを心がけます。とくに夜の10時から2時の間は、成長ホルモンの分泌に欠かせない時間帯です。それから適度に運動する習慣をつけましょう。有酸素運動で、早足歩きなど運動が得意でなくても負担にならないメニューにするのが肝心です。 

ストレスを溜めないよう、ご自分なりの趣味や発散できる方法を見出すことも大切です。また喫煙は良くありません。たばこのニコチンは毛細血管の収縮につながり、ビタミンを大量消費しますので、毛髪にとっては悪影響といえます。 

3)正しい毛髪のお手入れ

シャンプーは毎日することが大切です。強く洗い過ぎないことや充分にすすぐこと、またシャンプー後は放置せず、すぐにドライヤーで乾かすこともポイントです。血行の悪い生え際部分や頭頂部はマッサージをし、頭皮環境を健やかに整える育毛エッセンスなどを使うのも方法です。 

薄毛(AGA)は突然に発症するわけでなく、日々の栄養摂取や頭皮の良好な環境づくり、髪のお手入れ法などが大きく関係してきます。工夫しだいで、薄毛を未然に防ぐこと、あるいは発症を遅らせることが可能です。 

薄毛(AGA)を治すためには自律神経のバランスを整えることがとても重要です。生活習慣の改善、ストレス対処、免疫力などの改善を行う事により、自律神経のバランスが整い薄毛(AGA)の症状が改善します。どうぞ諦めないでください。

ご予約はこちらから

全国から患者さんが来院される

横幕鍼灸院

当院は完全予約制です。
こちらにお電話の上、ご予約ください。
お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております

078-891-3590

住所

657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

診察時間

午前   9:00~13:00
午後 14:00~17:00

休診日

水曜日・木曜日

診察時間
9:00-13:00××
14:00-17:00×××

土日も診察しております。
研究・講義により、臨時休診する場合があります。

サイト内検索はこちらから

ご予約はこちら

当院は完全予約制です

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

来院される主な症状

  • 自律神経失調症
  • パニック障害
  • 更年期障害
  • 起立性調節障害
  • 起立性低血圧
  • 動悸(ドキドキする)
  • 胸がざわざわする
  • 息切れ・息苦しさ
  • 咽のつまり
  • ほてり・のぼせ
  • 頭痛
  • めまい・耳鳴り
  • 吐き気
  • 手足や体全体のしびれ
  • イライラ感
  • 不安感
  • 気分の落ち込み
  • 不眠
  • だるさ
  • 冷え性
  • 食欲不振

上記以外の症状も治療可能です。

スタッフ紹介

院長 横幕胤和

院長ご挨拶はこちら

医院概要

横幕鍼灸院

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

医院概要はこちら

当院の理念はこちら

診察日

土曜日・日曜日も診察しています。

当院は完全予約制です

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

診察時間

 

9:00~

13:00

14:00~17:00

土曜日・日曜日も診察しています。