自律神経失調症治療専門 横幕鍼灸院(兵庫県神戸市)は、病院で治らない・原因不明と言われた自律神経失調症・更年期障害・パニック障害・起立性調節障害を専門に、薬を使わず治療する鍼灸院です。

自律神経失調症治療専門

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16 サンビルダー六甲山の手1F

アクセス:阪急電鉄六甲駅より徒歩2分

完全予約制まずはお電話ください

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

不安神経症を治すために

不安神経症を治すために

不安神経症の症状・原因・治療

不安神経症でお困りの方は、常に不安感がつきまとい、いつ症状が襲ってくるのではないかと考えます。具体的な理由をお持ちの方、漠然とした原因をお持ちの方が、不安神経症の理由は様々です。

不安な日々が続きますと、頭の中から不安が離れず、日常生活に大きな支障をきたします。病院へ行かれて、薬を頂くのですが、薬の量と種類が増えるばかりで、改善しない事が多々あります。

今後の生活を考えると、いつまでも薬に頼っている訳にはいきません。不安神経症は、原因を見つけ、しっかりと治療をすれば良くなる病気です。

不安神経症を治すためにはどうしたらいいのか?このページでは、詳しくご説明していきます。

【目次】

  1. 不安神経症とは?
  2. 不安神経症の症状
  3. 不安神経症の原因
  4. 不安神経症の治療
  5. 不安神経症は治療をすれば良くなる病気です。
  6. 不安神経症を治すために自律神経の治療が必要です。

1.不安神経症とは?

不安神経症とはその名の通り、不安を主な主症状とする神経症です。

不安という感情は誰もが抱くものですが、不安神経症は、これといったはっきりとした理由がないのに強い不安や恐怖感を感じ、日常生活に支障をきたすような症状が、長く続く神経の病気です。

このため、不安神経症の方は

  • 具体的な理由もなく不安に陥る
  • 不安が頭に残って忘れられない
  • 不安のために日常生活に支障をきたしてしまう

といった、病的な不安に襲われます。

この不安による障害は、急性のものと、慢性的なものに分けられます。現在の病気の分類では、不安神経症という病名はなくなっています。

不安神経症は、

  • 全般性不安障害
  • パニック障害
  • 強迫性障害
  • 心的外傷後ストレス障害

などに細かく分類されています。

不安神経症でお困りの方は、慢性的な不安状態が持続している状態が続きます。その不安が気になってしょうがなくなったり、普段の生活が送れなくなったりします。不安な症状が長く続くため、苦痛が大きくなります。症状が落ち着いたとしても、また起きるかもしれない不安で普通の生活が送りにくくなることが特徴です。

不安神経症は、何に不安なのか理由がはっきりしないことで、他人にわかってもらいたくても説明ができず理解されにくい病気です。症状が起こるきっかけは、精神的に強いストレスを感じたり、ショックを受けたりしたことが、引き金になり発症することが多いです。

しかし、特別なにもないのもかかわらず発症することもあります。

2.不安神経症の症状

不安神経症の症状は、パニック障害によく似ています。

何の前触れもなく、突然動悸や息切れが起こります。呼吸が苦しくなり、身体に危機を感じる恐怖感を持つことがきっかけになり、不安神経症の症状が何度も起こって来ます。またいつ身体に異変が起こるかもしれないと常に不安を感じています。

不安神経症の症状で、特に全般性不安障害は慢性的な不安を中心とした症状が出現します。常に過度の不安や心配がつきまといます。

慢性的な不安による

  • 落ち着きのなさや過敏
  • 緊張
  • イライラなどの精神的な障害
  • 記憶力の低下
  • 集中が持続しない
  • 根気がなくなる
  • 睡眠障害・・・

といった症状も見受けられます。

さらに不安神経症の身体症状として、

  • 首や肩の張り・コリ
  • 頭痛
  • めまい
  • 頭重感
  • 吐き気
  • 動悸
  • 息苦しさ
  • 疲労

などのいわゆる不定愁訴も起こるのが特徴です。

また不安神経症の症状は、

  • 高所恐怖症
  • 過呼吸
  • 留守番恐怖症
  • 車の運転が出来ない
  • 飛行機恐怖症
  • 心臓神経症

といった様々な不安神経症の症状が出ます。

不安神経症の中でも、パニック障害では、突然の動悸や胸・息の苦しさを伴う強い不安が症状として現れ、死を感じるほどの強い恐怖に襲われます。

不安神経症の症状の特徴から、病院を受診するのですが、原因がわからず様々な診療科受診することが多くあります。日常生活でのストレスによる影響を受けるため、症状が良くなったり悪くなったりを繰り返します。不安神経症は、自身の体の強い不調により起こる病気です。

3.不安神経症の原因

一般的に、不安神経症の症状は心理的なストレスによって引き起こされるとされており、女性の患者は男性の倍以上といわれています。

不安神経症の原因は、精神的・ショックや強い心配・悩み・過度なストレスなどの精神的な出来事が原因となり発症することもあります。

特に不安神経症の原因がなくても突然発症することがありますが、やはり強いショックや大きな環境の変化というものが関係しています。

もともと、神経質な方や不安を抱きやすい方に発症することが多いです。

不安神経症の原因としては、過労、睡眠不足、風邪などの体調の悪化、身体的ストレスにより発症する場合もあります。

例えば、身近な人の突然の死を経験したり、大好きな人に裏切られたり、会社からいきなり解雇を言い渡されたりと強いショックをうけることで、身体に不調をきたすことが引き金になったりもします。

不安神経症の症状は、突然、強い症状が現れるというよりは、普段からのストレスの蓄積が不安神経症の原因となり、いつのまにか発症しているというケースがほとんどです。不安神経症は、うつ病とは違いやる気がなくなることは少ないです。

常に不安感や恐怖心に付きまとわれているために、外出することに恐れを感じて引きこもりがちになることも多く、うつ病に間違えられることがあります。 

4.不安神経症の治療

不安神経症と診断された場合、感じている不安は病気によるものであることを受けとめ、根気よく治療していくことが重要となります。また、過労によるストレスや睡眠不足がある場合には、十分な休養をとることも大切です。

不安神経症の症状は、常に不安感に付きまとわれることで、動悸・過呼吸・めまい・ふらつき等の症状が続いたりする症状が見られます。病院で診察してもらったけれど、これといったはっきりした不安神経症の原因が見つかりにくいです。

不安神経症の治療は、不安や恐怖心を抑えるための薬物を用います。使用する薬は,主に抗不安薬を用います。うつ症状がある場合は、抗うつ剤を用いることもあります。不安神経症の治療は、薬物療法と精神療法が中心となって行われます。

不安神経症の薬物療法は、セルシンなどベンゾジアゼピン系、セディールなどのアザピロン系の抗不安薬が処方されることが多いです。

ベンゾジアゼピン系の薬は即効性がありますが、長期服用によって依存症状がありますので注意が必要です。

不安神経症の治療では、悩みやストレスを改善するために、精神面からの治療で専門家によるカウンセリングを受ける事も大切です。不安神経症の治療においては、不安や心配事、ストレスを打ち明け、まずは普段の生活をリラックスして送れるようにしていきます。

不安神経症の治療では、認知行動療法も効果的です。

外出や乗り物へも少しずつ挑戦し、自らの不安や心配、恐怖へのイメージを修正しながら、症状を徐々にコントロールできるように促していきます。不安神経症の治療では、病状が長引けば治療も長引くため早く不安神経症であることに気づき、早期に治療を始める事が大切です。

5.不安神経症は治療をすれば良くなる病気です。

不安神経症は、原因を見つけ、しっかりと治療をすれば改善していく病気です。不安神経症の原因の多くは、自律神経の乱れ、免疫力の低下によるものです。これらの不安神経症の原因は検査では見つかりません。このため、原因不明と言われます。

まずは、ご自身の体をしっかりと戻してあげる事が不安神経症を治すためには必要です。自律神経の安定、免疫力の向上、体質の改善、生活習慣の見直しなどをしてあげることが、不安神経症を治すためには、とても大切なことです。

5.不安神経症を治すために自律神経の治療が必要です。

不安神経症の方の多くは、心療内科などを受診され、精神安定剤、睡眠導入剤などを処方されます。不安神経症の薬が効いてくれれば良いのですが、不安神経症の症状が改善されず、薬だけが増えていく方を多く見られます。

薬を最小限に抑え、不安神経症の症状の改善に伴い、薬を減らしていきます。

当院では、不安神経症を治すため以下の治療を行っています。

1.自律神経の乱れを治す

自律神経は、身体を常に一定に保つための働きを行います。不安神経症でお困りの方は、自律神経のバランスが乱れ、この結果、不安神経症の症状が出ます。特に、交感神経が過敏な状態が続きますと、不安神経症の症状が慢性的になります。

合わせまして、身体をリラックスさせる副交感神経の働きを上げて行きます。身体の緊張が取れていきますと、精神的な負担が軽減されます。この結果、不安神経症の症状が和らいでいきます。

2.免疫力の改善

不安神経症の方は、慢性的な不安・緊張状態のため、身体が冷えている方が多いです。身体の冷えは、血流状態を悪くし、免疫力の低下を引き起こします。免疫力を引き上げる事により、不安感が出そうな場面、不安感が続く状態でも、ご自身でコントロールできるようになってきます。

特に、また起こるのではないか?というご不安をお持ちの方は、免疫力を上げ、体質改善を行う事が、不安神経症を治すためにはとても大切です。

3.薬に頼る生活をやめる

不安神経症の方は、精神安定剤・睡眠導入剤などの多くのお薬をお飲みです。不安神経症の症状が強い時期には、必要かもしれません。しかし、いつまでも薬を使いたくないと言うのが本音だと思います。

当院の不安神経症の鍼灸治療では薬を使わず、副作用なく治療していきます。不安神経症の症状を改善させながら、薬を使わないようにしていきます。

不安神経症の症状が強くなれば、いつあの苦しさが再発するのではないか?と思い、日常生活さえ出来なくなってしまいます。不安神経症は、どなたがなってもおかしくない病気です。

不安神経症は、原因を見つけ、しっかりと治療すれば良くなる病気です。早く元気になられて、出来なかった事、我慢していた事を楽しんで頂けるようになって頂きたいと願います。どうぞあきらめないでください。

ご予約・お問合せはこちらから

全国から患者さんが来院される

横幕鍼灸院

当院は完全予約制です。
こちらにお電話の上、ご予約ください。
お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております

078-891-3590

住所

657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

診察時間

午前   9:00~13:00
午後 14:00~17:00

休診日

水曜日・木曜日

診察時間
9:00-13:00××
14:00-17:00×××

土日も診察しております。
研究・講義により、臨時休診する場合があります。

サイト内検索はこちらから

ご予約・お問合わせはこちら

当院は完全予約制です

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

来院される主な症状

  • 自律神経失調症
  • パニック障害
  • 更年期障害
  • 起立性調節障害
  • 起立性低血圧
  • 動悸(ドキドキする)
  • 胸がざわざわする
  • 息切れ・息苦しさ
  • 咽のつまり
  • ほてり・のぼせ
  • 頭痛
  • めまい・耳鳴り
  • 吐き気
  • 手足や体全体のしびれ
  • イライラ感
  • 不安感
  • 気分の落ち込み
  • 不眠
  • だるさ
  • 冷え性
  • 食欲不振

上記以外の症状も治療可能です。

スタッフ紹介

院長 横幕胤和

院長ご挨拶はこちら

医院概要

横幕鍼灸院

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

ご不明な点はお気軽にご相談ください。

医院概要はこちら

当院の理念はこちら

診察日

土曜日・日曜日も診察しています。

当院は完全予約制です

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

診察時間

 

9:00~

13:00

14:00~17:00

土曜日・日曜日も診察しています。