自律神経失調症治療専門 横幕鍼灸院(兵庫県神戸市)は、病院で治らない・原因不明と言われた自律神経失調症・更年期障害・パニック障害・起立性調節障害を専門に、薬を使わず治療する鍼灸院です。

自律神経失調症治療専門

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16 サンビルダー六甲山の手1F

アクセス:阪急電鉄六甲駅より徒歩2分

完全予約制まずはお電話ください

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

自律神経失調症の原因

近年よく聞かれるようになり、心身ともにいろいろな症状が現れる自律神経失調症には、さまざまな原因があるといわれています。

自律神経の働きを狂わせてしまう、その原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

自律神経失調症の治療や予防など、上手に対策をとるためには、自律神経失調症を引き起こす原因についてよく知っておくことが大切です。

自律神経は私たちが置かれている状況や環境の変化にすばやく反応し、恒常性を保つことができるようにしていますが、実はデリケートな一面を持つ神経でもあります。

自律神経はさまざまな原因によって心身に負担がかかると、うまく働くことができなくなってしまいます。その結果、体や心にいろいろな症状が現れるようになり、自律神経失調症となってしまうのです。

自律神経失調症にかかってしまうと、それまでの日常生活が送れなくなってしまうようなこともありますから、きちんと原因を知って治療しておきたいものです。

このページでは、自律神経失調症を治したい方のために、自律神経失調症の原因に焦点を当てて詳しく説明しております。

【目次】

  1. 自律神経失調症の原因とは?
  2. 自立神経失調症の原因 ストレスについて
  3. 自立神経失調症の原因 更年期
  4. 自立神経失調症の原因 生活リズムの乱れ

1.自立神経失調症の原因とは?

自立神経は交感神経と副交感神経を同時に働かせながら、必要に応じてどちらかを優位にすることで、生きるという活動に関わるさまざまな動きを調整しています。

先ほどお話ししましたが、自律神経はいろいろな負担がかかるとうまく働くことができなくなってしまいます。

自律神経失調症の原因は現代社会において数多く存在しているといわれ、その一つにストレスがあり、仕事での人間関係や仕事そのものの悩みなどといった精神的ストレスがあります。

また、ストレスは精神的なものだけではなく、気温の変化や騒音と感じるような音、光など外界の刺激やけがなどによる身体的ストレスも含みます。

二つ目は、別の病気にかかったことで自律神経のバランスがくずれてしまうパターンです。

最後、三つ目は食事や睡眠など日常生活のリズムや内容が原因となっているものです。

これらのようにいろいろな原因が知らず知らずのうちに負担となり、自立神経のバランスをくずして自立神経失調症になってしまいます。そしてめまいや吐き気、頭痛などの身体的症状や、うつや不安感、イライラなどの精神的症状が現れてきます。

2.自立神経失調症の原因 ストレスについて

自律神経失調症を引き起こす原因として多いといわれているものに、精神的・身体的ストレスがあります。

では、具体的にどのようなストレスが原因になるのか例を挙げてお話ししていきます。

精神的ストレスとして次のようなものがあります。

  • 学校や職場での人づき合いで常に気を使っている
  • 人間関係のトラブルなどで悩みがある
  • 勉強に関する悩みや受験のプレッシャー
  • 仕事で常に業務に追われている切迫感
  • 期待されていることに対する負担感
  • 進学や就職で生活環境が大きく変わった
  • 悲しい出来事を体験した

これらのように、心に大きな負担がかかるような経験をすることで自律神経のバランスが不安定になってしまいます。

もう一つの身体的ストレスについては、

  • 気温の変化が大きい環境で生活している
  • 騒音と感じる音の中にいることが多い

など、外界から体が受けるストレスのことをいいます。

身体的ストレスから自律神経失調症になってしまう例として、クーラーの効き過ぎがあります。夏の暑い時期にクーラーがよく効いている職場で仕事をしている方は、涼しい場所と暑い場所を出たり入ったりすることが身体的ストレスとなるのです。

私たちは暑いときには汗腺が開いて汗をかき、体の隅々まで血流を増やして放熱するようになります。逆に涼しいところでは汗腺は閉じ、末梢の血流を減らして大事な器官へ血液を送るようにし、代謝を増やして体温を上げようとするなど、体温を一定に保つために調整しています。

このようなことが繰り返されていると体は疲れ切ってしまい、自律神経のバランスがくずれてしまうのです。

3.自律神経失調症の原因 更年期

人は年齢とともに性ホルモンの分泌が減少していきます。

特に、40代から50代の時期は更年期といわれ、性ホルモンの分泌が大きく減少して体内のホルモンバランスが変化します。

この性ホルモンは自律神経の働きにも影響しているために、更年期には自律神経失調症が起こりやすくなります。

更年期にほてりや頭痛、動悸、うつなど多様な症状が現れる更年期障害は、女性特有のものというイメージがあります。しかし実際には、男性も加齢にともない男性ホルモンが減少していきます。

男性のホルモン減少は女性ほど急に減るものではありませんが、更年期にストレスがかかるなど他の原因が重なることによって、自律神経のバランスはくずれやすくなってしまいます。

4.自律神経失調症の原因 生活リズムの乱れ

私たち生き物には体内時計(生物時計)があり、24時間という時間の流れに合わせて体のさまざまな働きが調整されるようになっています。

この体内時計のリズムは脳の視床下部で調節されているということが分かっていますが、きっちり24時間というわけではありません。24時間より少し長い人、短い人もいます。

この体内時計が正しく動くためには、毎朝決まった時間に起きて活動し、朝日や夜の暗さなど光の変化を感じるということが必要です。

「健康のためには朝日を見る(浴びる)といい」というのを聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。これはまさに体内時計を正しく働かせるためなのです。

ですから、睡眠不足や昼夜逆転など活動時間が変動するような生活を続けていると、体内時計が狂ってしまうことになります。体内時計によって自律神経の働きも変わってくるため、生活リズムの乱れは自律神経に影響を与え、自律神経失調症になりやすくなってしまいます。

このように、自律神経失調症の原因にはさまざまなものがあります。原因が1つではなく、いくつか重なるなど複雑な場合もあります。自律神経失調症は心療内科や精神科で相談できますし、漢方や鍼灸など東洋医学が合う方もいます。

自律神経失調症は、ひどくなると通常の生活が難しくなるほどになってしまうこともあります。当てはまる原因がある場合には、早めに医療機関に相談しましょう。原因に応じた対策をとることによって、自律神経失調症を改善することができます。どうぞあきらめないでください。

ご予約・お問合せはこちらから

全国から患者さんが来院される

横幕鍼灸院

当院は完全予約制です。
こちらにお電話の上、ご予約ください。
お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております

078-891-3590

住所

657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

診察時間

午前   9:00~13:00
午後 14:00~17:00

休診日

水曜日・木曜日

診察時間
9:00-13:00××
14:00-17:00×××

土日も診察しております。
研究・講義により、臨時休診する場合があります。

サイト内検索はこちらから

ご予約・お問合わせはこちら

当院は完全予約制です

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

来院される主な症状

  • 自律神経失調症
  • パニック障害
  • 更年期障害
  • 起立性調節障害
  • 起立性低血圧
  • 動悸(ドキドキする)
  • 胸がざわざわする
  • 息切れ・息苦しさ
  • 咽のつまり
  • ほてり・のぼせ
  • 頭痛
  • めまい・耳鳴り
  • 吐き気
  • 手足や体全体のしびれ
  • イライラ感
  • 不安感
  • 気分の落ち込み
  • 不眠
  • だるさ
  • 冷え性
  • 食欲不振

上記以外の症状も治療可能です。

スタッフ紹介

院長 横幕胤和

院長ご挨拶はこちら

医院概要

横幕鍼灸院

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

ご不明な点はお気軽にご相談ください。

医院概要はこちら

当院の理念はこちら

診察日

土曜日・日曜日も診察しています。

当院は完全予約制です

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

診察時間

 

9:00~

13:00

14:00~17:00

土曜日・日曜日も診察しています。