自律神経失調症鍼灸治療センターは、病院で治らない・原因不明と言われた自律神経失調症・更年期障害・パニック障害・起立性調節障害を専門に、薬を使わず治療する鍼灸院です。

自律神経失調症鍼灸治療センター

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16 サンビルダー六甲山の手1F

アクセス:阪急電鉄六甲駅より徒歩2分

完全予約制まずはお電話ください

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

起立性調節障害(起立性低血圧)を治すために

起立性調節障害(起立性低血圧)を治すために

起立性調節障害(起立性低血圧)の症状・原因・治療

起立性調節障害(起立性低血圧)の症状は、朝になって目が覚めても起きれない、身体を起こそうと思っても動けない、などがあります。

病院で診察や血液検査をしても、起立性調節障害(起立性低血圧)の原因が見つからず、原因不明と言わることが多くあります。

特に、小学生低学年から、中学生に起立性調節障害(起立性低血圧)の症状が出やすく、全体の5~10%程度と言われます。

本人は、頑張っているのですが、どうしても学校に行くことができません。このため、不登校の原因になったりします。本当につらい病気です。もしかすると、これをお読みのあなたも同じ悩みをお持ちかもしれません。

起立性調節障害(起立性低血圧)の方を、治療させて頂いて感じることは、本当に気持ちの優しい子供さんばかりです。だからこそ、起立性調節障害は、治さなくてはなりません。

起立性調節障害の原因を、しっかりと見つけてあげれば良くなります。

【目次】

  1. 起立性調節障害(起立性低血圧)の症状
  2. 起立性調節障害(起立性低血圧)の原因
  3. 起立性調節障害(起立性低血圧)をそのままにしておくとどうなるのか?
  4. なぜ当院の鍼灸治療が起立性調節障害(起立性低血圧)に良いのか?
  5. 起立性調節障害(起立性低血圧)を治すためには自律神経の治療が必要です

1.起立性調節障害(起立性低血圧)の症状

起立性調節障害(起立性低血圧)の代表的な症状は、

  • 朝起きられない
  • うつ症状
  • 全身倦怠感
  • めまい
  • 動悸
  • 頭痛
  • 食欲不振
  • イライラ
  • 集中力低下
  • 夜寝つけない

など、様々な症状が出ます。子供さんの場合、ご本人は頑張っているのですが、学校に行くのが困難になったりします。学校に行けば気分が悪くなり、保健室に行く回数が増えることもあります。学校に行くのが不安になり、起立性調節障害(起立性低血圧)が、不登校の原因になる場合があります。

起立性調節障害(起立性低血圧)の症状では、急に立ち上がると、ひどいめまいや立ちくらみを起こすことがあります。長い間立っていると、気分が悪くなり、冷や汗が出て、しゃがみこんだりします。ひどい場合には、意識がなくなったりする場合もあります。

起立性調節障害(起立性低血圧)の症状は、思春期に起こりやすく、身体を調節する自律神経の乱れが原因と考えられています。

2.起立性調節障害(起立性低血圧)の原因

自律神経のバランス

起立性調節障害(起立性低血圧)の原因は、自律神経の乱れによるものと考えられています。自律神経とは、身体の状態を、最適に保つために働きます。血圧の調整にも大きく関わっています。

起き上がる時には、心臓を少し早めに動かして血流を多くしたり、下半身の血流を下げて、脳の血圧を一定にしようとします。この役割を、自律神経がおこなっています。

起立性調節障害(起立性低血圧)の原因は、血圧を一定にする自律神経の乱れが、大きな要因と言われるのは、このためです。

もう一つ考えなくてはならない起立性調節障害(起立性低血圧)の原因は、平衡感覚のトラブルです。起立性調節障害(起立性低血圧)の症状は、めまい・たちくらみ・ふらつきなどが多くの方に出ます。

これらの症状は、耳の三半規管と呼ばれる部分の不調でも起こります。耳の三半規管は、身体のバランスを保つ大切な役割をしています。三半規管の内部に、小さな炎症などがあると、平衡感覚が乱れて、起立性調節障害の症状が出ます。

起立性調節障害(起立性低血圧)の原因である、自律神経の乱れ・三半規管の不調は、どちらも現代の検査ではわからない部分です。このため、病院で診察を受けても、検査をしても、起立性調節障害(起立性低血圧)の原因がわからないのです。

場合によっては、精神的な問題と診断され、精神安定剤などを飲まれている子供さんもおられます。

3.起立性調節障害(起立性低血圧)をそのままにしておくとどうなるのか?

起立性調節障害(起立性低血圧)の症状を、そのままにしておくと、治りづらいのが現実です。このため、学校に行くことがつらくなり、不登校の原因になります。朝起きられない・全身の倦怠感・めまい・動悸・頭痛・食欲不振・イライラ・集中力低下・夜寝つけないなどの症状が、ひどくなる場合が多くあります。

うつ状態を、ひきこす場合もありますので、日常生活にも大きな支障が出てきます。子供さんの将来を考えた時、早い時期に治さなくてはならない病気です。早急な治療が必要となります。

4.なぜ当院の鍼灸治療が起立性調節障害(起立性低血圧)に良いのか?

起立性調節障害(起立性低血圧)の原因は、自律神経の乱れにあります。自律神経には、交感神経と副交感神経と呼ばれる2つのグループがあります。

起立性調節障害(起立性低血圧)の方は、交感神経が過敏になり、身体を緊張させている傾向にあります。

鍼灸治療の大きな効果として、「自律神経の調整」があります。技術的に大変難しい事なのですが、起立性調節障害(起立性低血圧)の鍼灸治療の場合、過敏になっている交感神経を、正常にすることが可能です。

これが、鍼灸治療が起立性調節障害(起立性低血圧)に良い理由です。

起立性調節障害(起立性低血圧)の症状で、お悩みの方は、大きなストレスを抱えています。このストレスを軽減してあげる事も可能です。薬を使うことがありませんので、副作用のない、安全な治療です。

5.起立性調節障害(起立性低血圧)を治すためには自律神経の治療が必要です

起立性調節障害(起立性低血圧)の症状を治すには、原因である自律神経の乱れを治さなくてはなりません。起立性調節障害(起立性低血圧)の症状をお持ちの方は、気持ちが優しく、人に気遣う方が多いです。その分、ストレスの影響を受けやすく、結果として、自律神経の乱れが起こります。起立性調節障害(起立性低血圧)の原因である、自律神経の調整を行います。

また、耳の奥にある「三半規管」という部分は、身体のバランスをとる大きな働きをします。三半規管に不調があると、めまい・たちくらみ・ふらつきの原因となります。

起立性調節障害(起立性低血圧)の症状に、めまい・たちくらみ・ふらつきが多いのは、三半規管の不調が大きく関係しています。検査ではわかりづらく、見逃されがちな部分です。薬が効きにくいのも特徴です。当院では、耳の三半規管の状態を改善する事により、起立性調節障害(起立性低血圧)を治療していきます。

もう1つ大切なことは、免疫力を上げることです。起立性調節障害(起立性低血圧)の症状をお持ちの方は、大きなストレスにより免疫力が落ちています。免疫力の低下は、症状をさらに大きくさせます。免疫力を上げる事により、体質改善を行い、起立性調節障害(起立性低血圧)が再発しないようにします。

起立性調節障害(起立性低血圧)で苦しむ方とお話をすると、本当に優しい方が多いです。それだけに、「治らない」「原因不明です」などと病院で言われ、さらに不安が増して苦しんでおられます。

起立性調節障害(起立性低血圧)は、原因をしっかりと治療すれば、良くなります。
どうぞあきらめないでください。

ご予約・お問合せはこちらから

全国から患者さんが来院される

横幕鍼灸院

当院は完全予約制です。
こちらにお電話の上、ご予約ください。
お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

078-891-3590

住所

657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

診察時間

午前   9:00~13:00
午後 14:00~17:00

休診日

水曜日・木曜日

診察時間
9:00-13:00××
14:00-17:00×××

土日も診察しております。
研究・講義により、臨時休診する場合があります。

サイト内検索はこちらから

ご予約・お問合わせはこちら

当院は完全予約制です

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。
土日祝も診察しています。

来院される主な症状

  • 自律神経失調症
  • パニック障害
  • 更年期障害
  • 起立性調節障害
  • 起立性低血圧
  • 動悸(ドキドキする)
  • 胸がざわざわする
  • 息切れ・息苦しさ
  • 咽のつまり
  • ほてり・のぼせ
  • 頭痛
  • めまい・耳鳴り
  • 吐き気
  • 手足や体全体のしびれ
  • イライラ感
  • 不安感
  • 気分の落ち込み
  • 不眠
  • だるさ
  • 冷え性
  • 食欲不振

上記以外の症状も治療可能です。

スタッフ紹介

院長 横幕胤和

院長ご挨拶はこちら

副院長 小澤奈々絵

副院長ごあいさつはこちら

医院概要

横幕鍼灸院

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

ご不明な点はお気軽にご相談ください。

医院概要はこちら

当院の理念はこちら

診察日

土曜日・日曜日も診察しています。

当院は完全予約制です

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

診察時間

 

9:00~

13:00

14:00~17:00

土曜日・日曜日も診察しています。