自律神経失調症治療専門 横幕鍼灸院(兵庫県神戸市)は、病院で治らない・原因不明と言われた自律神経失調症・更年期障害・パニック障害・起立性調節障害を専門に、薬を使わず治療する鍼灸院です。

自律神経失調症治療専門

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16 サンビルダー六甲山の手1F

アクセス:阪急電鉄六甲駅より徒歩2分

完全予約制まずはお電話ください

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

強迫神経症を治すために

強迫神経症を治すために

強迫神経症の症状・原因・治療

強迫神経症は、強迫性障害ともいわれ、不安な気持ちがもとになって起こる精神疾患です。ふと浮かんだ不快な思考にとらわれ、頭から離れない状況に陥ります。

それは冷静に考えると、「ばかばかしい」としか思えない類のことなのですが、やめられなくなるのです。

不安という情緒から発生していて、一度支配されてしまうと抜けだすことができず、仕方のないことばかりに思考をめぐらせてしまいます。

そのために、生活するうえで悪影響が出ることも多々あります。

強迫神経症を治すためには、強迫神経症の症状・原因・治療について知ることが大切です。このページでは、強迫神経症を治したい方のために、強迫神経症の症状・原因・治療について詳しく説明しております。


【目次】

  1. 強迫神経症とは
  2. 強迫神経症の症状
  3. 強迫神経症の原因
  4. 強迫神経症の治療

1. 強迫神経症とは

強迫神経症とは、無意味な考えを打ち消すことができずに、不安な状態が続く不安障害のひとつです。

常識で考えると、「そんなこと、あるわけない」と否定できるような妄想じみたものです。

強迫神経症の、よくある症状例として「コンロの火を消したかな?」「玄関のカギは閉めたかな?」と出先や電車・バスの中などで気になります。

不安でたまらず引き返してみると、きちんと火は消され施錠もされています。安心して出かけると、再び同じ考えが頭に浮かんでくるのです。

このような事を数回、繰り返せば「過剰に心配しすぎている」と思うでしょう。理屈では理解できても考えることを止められず、苦しい気持ちが続いていくのが強迫神経症の特徴です。

2. 強迫神経症の症状

強迫神経症の症状には、複数のパターンがあります。例えば、意図せず人に危害を加えてしまうのではないか、といった衝動性に関する強迫観念です。

また、他人や公共のもの(電車のつり革など)が不潔に思えて触ることができず、触れてしまうと何度も手を洗わずにはいられない、という行為です。

ちょっとした出来事に固執して「なぜそうなったのか」と理由を追求し人に聴きまくる、自分の行いが正しかったか、あるいは完璧であったかが気になり、確認せずにはいられなくなる、作業などで何度も数えて計算しないと気が済まない、という行動も脅迫神経症の症状のひとつです。

症状がひどくなると自身の確認だけでは不安で、家族や周囲の方にも確かめさせて巻き込むという傾向も出てきます。強迫神経症は発症すると回復と悪化を行き来しながら慢性化しがちです。うつ病を併発する可能性も高くなりますので、身近な方の配慮や協力も必要です。

3. 強迫神経症の原因

強迫神経症の原因は、完全には解明されていないのが現状です。ひとつは、心因性や環境的な要素が考えられています。

しかし、何かが引き金となり発症するというよりも、もともと原因となるものを持っていて発症するという傾向があります。

強迫神経症を発症しやすい気質はあります。何事にも細かく几帳面である、完璧主義者で、いいかげんなことはしない、という方は注意が必要でしょう。

研究が進む中で、原因として有力とされているのが脳内の働きに関する異常です。

具体的に、大脳基底核(だいのうきていかく)や大脳辺縁系(だいのうへんえんけい)の障害、神経の伝達物質であるドパミンやセロトニンが、うまく機能していないことです。

精神疾患である「うつ病」や、神経系の障害である「統合失調症」と症状が重なる場合もあります。まずは専門の医療機関で詳細に検査し、病名を特定することが先決です。

4. 強迫神経症の治療

強迫神経症の治療には、薬物を使用する方法と認知行動療法があります。薬物療法では、主に神経伝達物質であるドパミンやセロトニンの量を調整するタイプの薬が適用されます。

代表的な「選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)」や、クロミブラミン、アゼピン誘導体などです。

認知行動療法では、「暴露反応妨害法(ばくろはんのうぼうがいほう)」というのが有効です。

例えば、強迫神経症で「手を洗う」行為を限りなく繰り返す症状があります。実際に手は汚れているわけでなく、「洗いたい」という衝動が止められないのです。

そこで、あえて手を汚し「洗いたい」気持ちを抑える訓練をします。洗う回数を減らしていき、気にならないレベルまで意識をコントロールするのです。何度も数えることがやめられない方は、数えた回数を記録し、少しずつ行為そのものを減らす操作をします。

最終的には、不安な気持ちが生じない状態を維持できることが目的です。ただ現段階では専門分野の医師が少なく、今後の普及がのぞまれるところです。薬の服用と並行して、ふさわしい方法が選択できる状況になれば理想的です。

強迫神経症は、脳内の神経伝達物質の障害なのですが、不安が強いことから不安定で苦しい思いをされることでしょう。しかし研究も進んでいることから、新たな成果も期待できます。どうぞあきらめず、効果の得られるよう治療に専念することが大切です。

ご予約・お問合せはこちらから

全国から患者さんが来院される

横幕鍼灸院

当院は完全予約制です。
こちらにお電話の上、ご予約ください。
お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております

078-891-3590

住所

657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

診察時間

午前   9:00~13:00
午後 14:00~17:00

休診日

水曜日・木曜日

診察時間
9:00-13:00××
14:00-17:00×××

土日も診察しております。
研究・講義により、臨時休診する場合があります。

サイト内検索はこちらから

ご予約・お問合わせはこちら

当院は完全予約制です

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

来院される主な症状

  • 自律神経失調症
  • パニック障害
  • 更年期障害
  • 起立性調節障害
  • 起立性低血圧
  • 動悸(ドキドキする)
  • 胸がざわざわする
  • 息切れ・息苦しさ
  • 咽のつまり
  • ほてり・のぼせ
  • 頭痛
  • めまい・耳鳴り
  • 吐き気
  • 手足や体全体のしびれ
  • イライラ感
  • 不安感
  • 気分の落ち込み
  • 不眠
  • だるさ
  • 冷え性
  • 食欲不振

上記以外の症状も治療可能です。

スタッフ紹介

院長 横幕胤和

院長ご挨拶はこちら

医院概要

横幕鍼灸院

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

ご不明な点はお気軽にご相談ください。

医院概要はこちら

当院の理念はこちら

診察日

土曜日・日曜日も診察しています。

当院は完全予約制です

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

診察時間

 

9:00~

13:00

14:00~17:00

土曜日・日曜日も診察しています。