自律神経失調症治療専門 横幕鍼灸院(兵庫県神戸市)は、病院で治らない・原因不明と言われた自律神経失調症・更年期障害・パニック障害・起立性調節障害を専門に、薬を使わず治療する鍼灸院です。

自律神経失調症治療専門

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16 サンビルダー六甲山の手1F

アクセス:阪急電鉄六甲駅より徒歩2分

完全予約制まずはお電話ください

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

ジストニアを治すために

ジストニアを治すために

ジストニアの症状・原因・治療

ジストニアは、脳内の大脳基底核という部分がうまく機能しなくなることで生じる運動分野の異常です。

ご本人の意思とは関係なしに顔面や身体が動いてしまい、またその動作が繰り返し起こります。意図しない動きに悩まされて、生活にも支障が出てきます。

ジストニアには原発性(遺伝性)、外傷や代謝の異常による続発性、薬剤性のものがあります。遺伝性のジストニアは、厚生労働省の難病指定を受けています。

また特定の職業の方が発症することもあり、とくに音楽家の方で多くの症例があります。

ジストニアを治すためには、ジストニアの症状・原因・治療について知ることが大切です。

このページでは、ジストニアを治したい方のために、ジストニアの症状・原因・治療について詳しく説明しております。


【目次】

  1. ジストニアとは
  2. ジストニアの症状
  3. ジストニアの原因
  4. ジストニアの治療​

1.ジストニアとは?

ジストニアとは、筋肉の硬化や収縮による「ジストニア運動」という動きが続く症状をいいます。

動きは、ご自分の思い通りにならない「不随意運動」であり、不都合を強いられることになり、またそのことが精神的なストレスにもなります。

遺伝性のジストニアですと、ほとんどが若年齢層(未成年期)で発症することになります。

ジストニア自体、そう知られているわけでなく、わかりにくい疾患であるため、専門の医院を受診する必要があります。

2.ジストニアの症状

ジストニアの症状は、初期のころですと、手足やまぶたなどが軽く痙攣(けいれん)を起こす、頭部や首が回転する、姿勢の歪みなどが起こります。

発症する部位はさまざまですが、局所的な場合と、症状が進めば全体的に出ることもあります。

症状として特徴的なのは、くねらせた動きやねじれが生じることです。

また、まぶたや唇の開閉が自在にならない、舌が勝手に口から出てしまう、食事の際に箸が持ちにくい、ペンを持てず字を書くことができない、また声が出にくいなど、思い通りに動かなくなります。

音楽家の方で、ピアノやギターなど特定の楽器が演奏できなくなるという例もあります。いずれの症状も、ご本人の意思を反映しないものであり、もどかしさや苦痛からストレスをつのらせることになります。

症状には一定のパターンがあるか、特定の動作をする時だけあらわれる場合もあります。何度も繰り返して持続するのですが、感覚の刺激を受けると軽減されることもあります。

また起床してすぐの間は、比較的症状が軽いともいいます。症状が出た時の環境や何らかのきっかけで、症状が急激に増減する現象もあります。

3.ジストニアの原因

ジストニアの原因は、明確なものとそうでないものがあります。

突発的なジストニアはCTやMRI検査で脳に異常が認められないことが多いです。

これに対して、別の疾患や後遺症が原因となり二次的に発症したジストニアでは、病変の診断がつきやすいのです。

遺伝子性のジストニアの場合、あらかじめその可能性を疑い遺伝子検査をすることで、診断をすることになります。

遺伝子の異常は原因のひとつではありますが、血縁関係の方であっても発症しないケースもあります。

また薬剤がジストニアの原因となることもあります。パーキンソン病で服用する治療薬は大脳基底核の働きをコントロールするものです。薬剤の加減によって機能が左右され、ジストニアの症状につながることもあります。

遺伝子の異常も含めた突発性ジストニアの原因は、いまのところ解明されていません。今後、研究での成果が得られることに期待がかかります。

4.ジストニアの治療

ジストニアの治療には、まず薬物療法が適用されます。症状の出ている筋肉に直接、微量のボツリヌス毒素を注射することで痙攣などがおさえられます。

また運動神経や大脳基底核の働きにアプローチする薬剤も用いられます。

薬物療法で充分な効果が得られない場合は、一般的ではないのですが外科手術もあります。

「選択的末梢神経遮断術」というもので、症状に係わる運動神経を選んで遮断する安全で有効な療法です。

症状が進んでしまった全身性のジストニアには、「脳深部刺激療法」という治療があります。

脳の中にある淡蒼球(たんそうきゅう)という部分に、電気による刺激を与え続ける方法です。1か月程度の入院が必要となります。

脳深部刺激療法は、高額な医療機器を使用するため費用もかかりますが、高額医療制度など公的な制度を利用することができます。また遺伝性のジストニアで小児期の治療ですと、「育成医療制度」というのがありますので、自己負担となる費用は少額ですみます。

ジストニアの治療は症例も少なく、海外で有効とされている治療法も国内での認可を待つ必要があります。研究や開発の過渡期といえるでしょう。どうぞあきらめないで、地道に治療を継続することが大切です。

ご予約はこちらから

全国から患者さんが来院される

横幕鍼灸院

当院は完全予約制です。
こちらにお電話の上、ご予約ください。
お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております

078-891-3590

住所

657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

診察時間

午前   9:00~13:00
午後 14:00~17:00

休診日

水曜日・木曜日

診察時間
9:00-13:00××
14:00-17:00×××

土日も診察しております。
研究・講義により、臨時休診する場合があります。

サイト内検索はこちらから

ご予約はこちら

当院は完全予約制です

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

来院される主な症状

  • 自律神経失調症
  • パニック障害
  • 更年期障害
  • 起立性調節障害
  • 起立性低血圧
  • 動悸(ドキドキする)
  • 胸がざわざわする
  • 息切れ・息苦しさ
  • 咽のつまり
  • ほてり・のぼせ
  • 頭痛
  • めまい・耳鳴り
  • 吐き気
  • 手足や体全体のしびれ
  • イライラ感
  • 不安感
  • 気分の落ち込み
  • 不眠
  • だるさ
  • 冷え性
  • 食欲不振

上記以外の症状も治療可能です。

スタッフ紹介

院長 横幕胤和

院長ご挨拶はこちら

医院概要

横幕鍼灸院

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

医院概要はこちら

当院の理念はこちら

診察日

土曜日・日曜日も診察しています。

当院は完全予約制です

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

診察時間

 

9:00~

13:00

14:00~17:00

土曜日・日曜日も診察しています。