自律神経失調症治療専門 横幕鍼灸院(兵庫県神戸市)は、病院で治らない・原因不明と言われた自律神経失調症・更年期障害・パニック障害・起立性調節障害を専門に、薬を使わず治療する鍼灸院です。

自律神経失調症治療専門

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16 サンビルダー六甲山の手1F

アクセス:阪急電鉄六甲駅より徒歩2分

完全予約制まずはお電話ください

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

チック症を治すために

チック症を治すために

チック症の症状・原因・治療

チック症とは幼少期(乳幼児期から学童期、3~7歳)に多くみられます。

チック症の症状は突発的に顔をしかめたり、瞬きをしたり、声を出したり、咳払いなどをする状態です。
 
わざとチック症の症状を行っているわけではなく、自然と起こってしまう症状です。

チック症は体と心の緊張状態が続くために起こりやすくなります。

一般的には、成長するにつれてこのような症状は緩和されていきますが、慢性化したものをチック症(トゥレット症候群)と呼びます。

チック症の方は自律神経も緊張します。このため、イライラ、不安、やる気がなくなるなどの自律神経失調症の症状も出やすくなります。
 
チック症は子供の間に良くなることがほとんどですが、大人になっても改善しなかったり再発することもあります。チック症のお子さんをお持ちの方は、どうしてこうなったのか?この先どうなるのか?と大きな不安をお持ちです。

チック症はしっかりと治療をすればよくなる病気です。チック症を治すためには、チック症について知る事が大切です。このページでは、チック症を治したい方のためにチック症の症状・原因・治療について詳しく説明しております。

【目次】

  1. チック症とは?
  2. チック症の症状
  3. チック症の原因
  4. チック症の治療

1.チック症とは?

チック症とは人間の神経に係わる症状で、脳が発達している段階にある小児期に顕れることが珍しくありません。

成長するにしたがって、症状も自然に出なくなるのが一般的ですが、成人後まで長引くケースもあります。長期化した病状は、トゥレット症候群という別の診断名が用いられます。

チック症は、年齢が18歳未満であり、期間が1か月以上に渡り続く場合、発症したとみなします。米国精神医学会が出版している『精神障害のための診断と統計のマニュアル』の第4版が、診断する際の基準とされています。

病状が突拍子もなく奇妙で、当たり前に生活するなかで違和感があるので、生活を共にしている家族、とくに最も近い存在である母親が最初に気づくことが多いようです。

チック症は、かつて親子や対人による関係性の問題が指摘されていた時代がありました。お子さんにチックの症状が出た保護者の方は、「自分たちの育て方に問題があるのではないか」という悩みを、心理的な療法を中心に解消していた経緯があります。

最近の研究でチック症は、脳内にあるドーパミン受容体に係わりが深く、脳の機能障害として扱われるようになりました。親子で共通した気質を持つなど、遺伝的な要因は指摘されていますが、決して間違った育児の方法が原因ではないことが認識されています。

2.チック症の症状

チック症の症状には、音声によるものと動作に特徴を持つものがあります。

音声は、とくに意味のない「あ~」や「うっ」などの短い発声やせきばらい、耳障りな奇声、「ばか」や「アホ」、「クソババア」や「死ね」などの不快な罵声、また周囲の人や自身が言ったことば尻を何度も繰り返すなどです。

動作の症状で、初期に見られるものに、ひんぱんな瞬き(まばたき)や頭を振る動きがあります。

表情に関する症状では、顔をしかめる、唇まわりをなめる、口をあける、鼻をぴくつかせる、などがあげられます。

他にも、筋肉がピクリと動く、肩をすくませる、跳びあがる、身体を前後にまげる、スキップをするなど、目的のない突発的な動きが見られます。

チック症についての知識がなく事前に知らされていなければ、チック症の小児は奇妙な感じに捉えられてしまう可能性があります。「この子は、悪意があるのだろうか?」といった誤解を招くかもしれません。

これらの症状が1年以上、続く場合は「トゥレット症候群」として扱われることになります。

またトゥレット症候群にまで発展すると、多動性障害や学習障害など別の症状を併発している可能性も高くなり、さらに支障が出てきます。小児科や心療内科、神経症を専門とする医師のもとで詳しく診察を受けるのが良いでしょう。

 

3.チック症の原因

チック症の原因は、確定しているわけではありませんが、有力な説として基底核でのドーパミン神経が過活動となっていることが唱えられています。

ドーパミンは、運動の調節やホルモンの分泌に係わり、また精神面への影響力もある伝達物質です。

また、要因として遺伝的な側面も関与していると言われています。

チック症に見られる奇異な動きや筋肉運動は、遺伝子や中枢神経といった、本人の意識とは無関係である本質的なところに原因があるといえます。

直接の原因というわけではありませんが、病状を悪化させる、長期化させる後天的な要因として、情緒面でのストレスが指摘されています。周囲の人々に対する気まずさから、ムリに症状を抑えようとすると、心理的には負担になります。

かえって、症状がひどくなることも考えられます。

普段は症状があまり出なくても、例えば学校での授業参観日や習い事での発表会など、大勢の人たちの前で緊張することを強いられる場合、症状が増幅するということもあります。チック症は、精神的な影響を受けやすい病気ともいえます。

4.チック症の治療

チック症の治療に、薬物を使うことはあまりありません。

ただし、症状があるために日常の生活が困難になる、学校で授業を受けるのに妨げとなる、友人と接触する上で支障がある場合などは、敢えて薬の力で抑えるという選択肢もあります。

治療薬としてセレネース、オーラップ、リスパダールといった名称の薬品があり、1日に0.5~1mgを服用します。

治療の方法として、以前は行動療法や心理療法が中心にありました。

しかしチック症は脳内の神経に関する病気であることがわかってきた現在、それらの療法は主流でなくなっています。ただ完全に否定するわけではなく、従来のように有効となる場合もあります。

チック症は、成長するにしたがって自然に収束することも多いため、「いつの間にか治っていたね」という治癒の形が最も理想的です。家族や周りの方々、学校での担任の先生などにもチック症の理解を深めてもらう必要があります。

あまり神経質にならずに、症状が出ても、優しく見守っていくスタンスも大切だといえるでしょう。

チック症は自律神経との関係が深い病気です。病院で治療をしても良くなった場合には、自律神経のバランスの乱れが大きな原因として考えられます。チック症は原因を見つけ、しっかりと治療をすれば良くなる病気です。どうぞあきらめないで下さい。

ご予約・お問合せはこちらから

全国から患者さんが来院される

横幕鍼灸院

当院は完全予約制です。
こちらにお電話の上、ご予約ください。
お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております

078-891-3590

住所

657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

診察時間

午前   9:00~13:00
午後 14:00~17:00

休診日

水曜日・木曜日

診察時間
9:00-13:00××
14:00-17:00×××

土日も診察しております。
研究・講義により、臨時休診する場合があります。

サイト内検索はこちらから

ご予約・お問合わせはこちら

当院は完全予約制です

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

来院される主な症状

  • 自律神経失調症
  • パニック障害
  • 更年期障害
  • 起立性調節障害
  • 起立性低血圧
  • 動悸(ドキドキする)
  • 胸がざわざわする
  • 息切れ・息苦しさ
  • 咽のつまり
  • ほてり・のぼせ
  • 頭痛
  • めまい・耳鳴り
  • 吐き気
  • 手足や体全体のしびれ
  • イライラ感
  • 不安感
  • 気分の落ち込み
  • 不眠
  • だるさ
  • 冷え性
  • 食欲不振

上記以外の症状も治療可能です。

スタッフ紹介

院長 横幕胤和

院長ご挨拶はこちら

医院概要

横幕鍼灸院

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

ご不明な点はお気軽にご相談ください。

医院概要はこちら

当院の理念はこちら

診察日

土曜日・日曜日も診察しています。

当院は完全予約制です

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

診察時間

 

9:00~

13:00

14:00~17:00

土曜日・日曜日も診察しています。