自律神経失調症治療専門 横幕鍼灸院(兵庫県神戸市)は、病院で治らない・原因不明と言われた自律神経失調症・更年期障害・パニック障害・起立性調節障害を専門に、薬を使わず治療する鍼灸院です。

自律神経失調症治療専門

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16 サンビルダー六甲山の手1F

アクセス:阪急電鉄六甲駅より徒歩2分

完全予約制まずはお電話ください

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

顎関節症を治すために

顎関節症を治すために

顎関節症の症状・原因・治療

顎関節症は、あごの関節である顎関節(がくかんせつ)の痛みや機能的な障害などあごの病気の総称です。

さまざまな症状や複合的な原因があり、20歳代やそれ以下の若い世代から40歳代の女性に発症する率が高いと言われています。

食事の時に何となく違和感がある程度ですと軽く捉え、治療はせずに放置される方も多いようです。しかし顎関節症が慢性化すると、改善しにくくなることもあります。

顎関節症を治すためには、顎関節症の症状・原因・治療について知ることが大切です。このページでは、顎関節症を治したい方のために、顎関節症の症状・原因・治療について詳しく説明しています。


【目次】

  1. 顎関節症とは
  2. 顎関節症の症状
  3. 顎関節症の原因
  4. 顎関節症の治療

1.顎関節症とは?

顎関節症とは、あごの関節や周りの組織に異常が起きることで、口の開閉が困難になる、妙な音がする、痛みが走るなど、顎関節に関するさまざまな不具合が生じます。

顎関節症を放置していると、肩こりや首こり、食欲がなくなる、頭痛がするなど、あご以外の部位にも症状が拡がることもあります。

食べ物をかみ砕くのに必要な部分ですから、痛みが激しくなると食事にも支障が出てきます。顎関節症は、軽い症状が起きては回復するのを繰り返すことが多いといいます。慢性化し、全身に症状が及ぶ前に原因を突き止めて、ご自身に合った対策を見つけたいものです。

2.顎関節症の症状

顎関節症の症状は、いくつかあります。医療機関で診察をしてもらう前にセルフチェックができますので試してみてください。

  • あごを開閉すると、左右どちらかが「開閉しにくい」感覚がある。または開かない。
  • あごを開閉すると、痛みがある。または「かくっ」といった音がする。
  • 鏡で顔を見たら、口角が並行になっていない。また舌を出すと、まっすぐ出ていない。
  • 食べ物をかむ時、痛みがある。
  • 頬骨の下やこめかみを押すと痛い。
  • 起床時にあごが開かない。または違和感がある。
  • 耳に指を入れた状態であごを開け閉めすると、痛みを感じる。

上記の項目で該当するものが複数あれば、顎関節症の疑いがある、もしくは顎関節症を発症する可能性が大きいといえます。

顎関節症の症状には、あごの筋肉や関節の痛みがあります。また「かくっ」という音や雑音、上下がうまく噛みあわない、あごにしこりがある、あごや顔がゆがんでいるなどです。

広く全身に出現する症状もあります。首・肩のこり、頭痛、耳鳴り、めまい、睡眠障害、しびれる、滑舌が悪い、嚥下(えんげ)しにくい、うつ症状、喉や口内のかわき、自律神経失調症などです。

3.顎関節症の原因

顎関節症の原因は、複数の要因が重なっていることが多いといいます。

生活習慣があごに悪影響を与えている、ストレスなどの心因性、他の病気やけがによるもの、間違った歯の治療など、多岐に渡る要因が考えられます。

顎関節症を誘引する生活習慣には、食べものを噛む時に片側のあごだけ使う、頬づえをつく癖がある、就寝中に歯ぎしりをする、姿勢が悪い、食いしばることが多い、などがあります。

仕事中にする、キーボードをたたくために電話の受話器を肩とあごで挟むしぐさも良くありません。

顎関節症がストレスと関係するとは意外ですが、顎関節症で悩まれている方のうち、情緒が不安定で自律神経の乱れがあるケースは多いと言われています。

先に述べた歯ぎしりや食いしばりは無意識でしているのですが、実はストレス解消のために行っている行為なのです。それで精神的バランスはとれても、あごには負担になっているのです。

外部から強い力が加わり、顎関節にゆがみが生じることもあります。交通事故やスポーツでのアクシデント、衝突などで、軟骨を傷める、関節円板がずれるなどで、顎関節症を発症するきっかけとなります。

別の病気が原因となり、顎関節症を引き起こすこともあります。アレルギーやリウマチ、関節の炎症などは要注意です。先にストレスと関係が深いことは述べましたが、睡眠障害やうつ病、自律神経失調症などの精神疾患も顎関節症を誘発するものとなります。

歯の治療が、顎関節症の引き金となることもあります。虫歯治療での詰め物や矯正、抜歯、歯を削ることがきっかけで、かみ合わせが悪くなります。また、最近は硬いものを食べなくなったといいますが、実はこれも原因のひとつとなります。

4.顎関節症の治療

顎関節症の治療には、痛みやあごへの負担を軽減させ、現状よりも悪化させないことを目的とする保存療法があります。

痛みなどの対処療法です。スプリントというマウスピースを装着する療法、患部周辺をホットパックで温める療法などです。

虫歯など歯の疾患や治療などが原因である場合は、そちらを完治させることで、顎関節症の症状も改善すると思われます。

また、あごのずれをマッサージや整体などで元に戻す療法もあります。あごだけでなく、姿勢の悪さによる全体的な身体の歪みを矯正する場合もあります。

改善しない場合は、外科手術による治療法もあります。顎関節腔(がくかんせつくう)を生理食塩水で洗浄する、また癒着している部分をはがす、削るなどの内視鏡手術です。

病院では治らない場合も多い顎関節症ですが、顎関節症の原因を見つけ、しっかりと治療をすれば良くなる病気です。どうぞあきらめないでください。

ご予約はこちらから

全国から患者さんが来院される

横幕鍼灸院

当院は完全予約制です。
こちらにお電話の上、ご予約ください。
お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております

078-891-3590

住所

657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

診察時間

午前   9:00~13:00
午後 14:00~17:00

休診日

水曜日・木曜日

診察時間
9:00-13:00××
14:00-17:00×××

土日も診察しております。
研究・講義により、臨時休診する場合があります。

サイト内検索はこちらから

ご予約はこちら

当院は完全予約制です

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

来院される主な症状

  • 自律神経失調症
  • パニック障害
  • 更年期障害
  • 起立性調節障害
  • 起立性低血圧
  • 動悸(ドキドキする)
  • 胸がざわざわする
  • 息切れ・息苦しさ
  • 咽のつまり
  • ほてり・のぼせ
  • 頭痛
  • めまい・耳鳴り
  • 吐き気
  • 手足や体全体のしびれ
  • イライラ感
  • 不安感
  • 気分の落ち込み
  • 不眠
  • だるさ
  • 冷え性
  • 食欲不振

上記以外の症状も治療可能です。

スタッフ紹介

院長 横幕胤和

院長ご挨拶はこちら

医院概要

横幕鍼灸院

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

医院概要はこちら

当院の理念はこちら

診察日

土曜日・日曜日も診察しています。

当院は完全予約制です

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

診察時間

 

9:00~

13:00

14:00~17:00

土曜日・日曜日も診察しています。