「自律神経失調症の情報サイト」は、病院で治らない、原因不明と言われた自律神経失調症・更年期障害・パニック障害・起立性調節障害などを中心とした情報を提供する、鍼灸院運営の情報サイトです。

自律神経失調症の情報サイト

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16 サンビルダー六甲山の手1F

アクセス:阪急電鉄六甲駅より徒歩2分

当サイトへのご質問・お問合せや
ご予約はこちら

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

土日祝日も診察しております

休診日(水・木)も電話受付しております

十二指腸潰瘍

十二指腸潰瘍の症状・原因について

十二指腸潰瘍とは、周辺の組織との境界がはっきりした潰瘍で、自律神経の不調が原因となることもあり、粘膜をこえて深く進行します。十二指腸潰瘍は、20~40歳に多く発症し、ストレス社会も影響し増加傾向にあります。

症状としては、腹痛がもっとも多く、特に夜間や早朝などの空腹時におこり、食事をすると症状が和らぎます。また、潰瘍部分が出血し、吐血や下血がおこることがあります。通り道が狭くなる「狭窄(きょうさく)」や変形によって、食物が通過しにくくなり、嘔吐をおこすこともあります。

十二指腸潰瘍の原因は、胃潰瘍と同じように、粘膜による防御の働きと胃酸による攻撃とのバランスが崩れることで発症します。ストレス・疲れ・頑張りすぎなどや、遺伝的要因も関係しています。
発症するととてもつらい十二指腸潰瘍ですが、しっかりと治療すれば良くなる病気です。

このページでは、つらい十二指腸潰瘍を治すために、十二指腸潰瘍の症状・原因・治療について詳しく説明しております。


【目次】

  1. 十二指腸潰瘍とは?
  2. 十二指腸潰瘍の症状
  3. 十二指腸潰瘍の原因
  4. 十二指腸潰瘍の治療

1. 十二指腸潰瘍とは?

十二指腸の場所は、腹部中央の胃から小腸へと続いていく部分です。十二指腸潰瘍は胃潰瘍とあわせて考えられます。潰瘍とは、表皮の粘膜が傷つき、炎症がひどくなった状態をいいます。

胃は、私たちが食べたものを消化する役割があり、内部には胃液や消化するための酵素が存在します。強い酸性ですが胃の内壁を傷める心配はありません。それは、粘液や粘膜によって保護されているからです。

十二指腸潰瘍や胃潰瘍は、胃酸が多すぎても少なすぎても支障が出ます。胃酸が過多であること、あるいは内壁を護るための粘液が不足するなど、バランスを崩すことが発症の要因となります。

2. 十二指腸潰瘍の症状

十二指腸潰瘍は、20~40歳代の比較的若い世代に多くみられます。

十二指腸潰瘍は、上腹部の右辺りや背中にまで痛みを感じることがあります。空腹時や、夜寝ている時間帯に症状が起こります。

人によっては、胸やけや吐き気がしたり、不快感を伴うこともありますが、痛いと思うこともなく実は症状が悪化していた、というケースも少なくありません。痛みを感じるレベルには、個人差があるためです。

症状は段階的に、粘膜の表面が傷む「びらん」の状態が初期。ある程度、傷が深くなると「潰瘍」とされ、さらに悪化していけば内壁に穴が開くこともあります。そうなりますと、出血して痛みも激しくなります。胃の内容物が開いた穴から周囲に漏れ出た場合、「腹膜炎」を起こす可能性も出てきます。そのような場合は、あまりの激痛からショックを起こし、危険な状態に陥ることもあります。

3. 十二指腸潰瘍の原因

胃は分泌した胃酸で内壁を傷つけないように、粘液や粘膜で保護するということは先に述べました。胃潰瘍の原因は、その機能が弱くなることによるものです。胃や十二指腸が酸性の刺激にさらされ傷つき、やがて潰瘍となります。

胃酸の分泌が増える原因を考えると、食生活が関わってきます。消化の悪い食べ物ばかり摂っていると、胃は消化を促すために胃酸の分泌量を増やします。具体的には、脂肪の多いもの、たんぱく質性のもの、香辛料を多く使ったものなど。これらは、胃に負担をかけます。また、食べすぎも良くないです。

増えてしまった胃酸が、胃から十二指腸に入ってきた場合、潰瘍になりやすいという要素があります。原因として、十二指腸は胃ほどに抗酸性が強くないからです。胃に良くない食生活は、十二指腸にも悪影響を及ぼすのです。

また、十二指腸潰瘍は、ヘリコバクター・ピロリ菌と関係が深いということもあります。十二指腸潰瘍を発症している人の約9割が、ピロリ菌に感染しているという事実があります。十二指腸潰瘍になったら、ピロリ菌の感染も疑う必要があるということです。

4. 十二指腸潰瘍の治療

十二指腸潰瘍の症状により、出血がひどい場合など手術を行うこともあります。それ以外は、薬物治療や生活習慣や態度の見直し、指導となります。

ピロリ菌に感染している場合は、除菌を目的とする薬を服用します。服用期間は、ピロリ菌の除菌では7日間と短期ですが、十二指腸潰瘍の治療としては、6週間続けることになります。

十二指腸潰瘍の治療では、「もう治った気がする」と、勝手に治療を終了するような自己判断は、かえって病気を長引かせる原因にもなります。

基本的な治療としては、十二指腸潰瘍を引き起こした悪い生活習慣の見直しを徹底するということです。とくに若い方は、胃腸に負担のかかる無茶な暴飲暴食に走りがちです。食べ過ぎをしないように、規則正しく一日3回の食事を心がけましょう。

十二指腸潰瘍は、生活習慣からの原因を見つけることと、自律神経の調整をすることで、改善する病気です。どうぞお一人でご不安にならず、あきらめないでください。

当サイトの運営者について

全国から患者さんが来院される

横幕鍼灸院

当院は完全予約制です。
こちらにお電話の上、ご予約ください。
お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております

078-891-3590

住所

657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

診察時間

午前   9:00~13:00
午後 14:00~17:00

休診日

水曜日・木曜日

診察時間
9:00-13:00××
14:00-17:00×××

土日も診察しております。
研究・講義により、臨時休診する場合があります。

サイト内検索はこちらから