「自律神経失調症の情報サイト」は、病院で治らない、原因不明と言われた自律神経失調症・更年期障害・パニック障害・起立性調節障害などを中心とした情報を提供する、鍼灸院運営の情報サイトです。

自律神経失調症の情報サイト

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16 サンビルダー六甲山の手1F

アクセス:阪急電鉄六甲駅より徒歩2分

完全予約制まずはお電話ください

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

女性男性型脱毛症(FAGA)

女性男性型脱毛症(FAGA)

女性男性型脱毛症(FAGA)の症状・原因について

女性男性型脱毛症(FAGA)は、40代以降の女性に多い病気です。ホルモンのバランスが崩れることで、抜け毛が増えたり頭髪が薄くなったりします。 

女性男性型脱毛症(FAGA)は、徐々に髪が減っていきます。そのため、加齢に伴う老化現象と諦めている方も多いと予想されます。 

女性男性型脱毛症(FAGA)を治すためには、女性男性型脱毛症(FAGA)の症状・原因・治療について知ることが大切です。

このページでは、女性男性型脱毛症(FAGA)を治したい方のために、女性男性型脱毛症(FAGA)の症状・原因・治療について詳しく説明しております。 

 

【目次】

  1. 女性男性型脱毛症(FAGA)とは? 
  2. 女性男性型脱毛症(FAGA)の症状
  3. 女性男性型脱毛症(FAGA)の原因
  4. 女性男性型脱毛症(FAGA)の治療

1.女性男性型脱毛症(FAGA)とは?

女性男性型脱毛症(FAGA)とは、少しずつ髪の毛が薄くなっていく病気です。

毛の抜け方にはいくつかのタイプがあり、女性男性型脱毛症(FAGA)は「びまん性脱毛」と言われるタイプに当てはまります。

びまん性脱毛は、部分的ではなく全体的に毛髪が薄くなっていく傾向があります。 

男性型脱毛症(AGA)という病気は、最近コマーシャルなどでも目にする機会があるので、ご存じの方も多いかもしれません。女性男性型脱毛症(FAGA)は、男性型脱毛症(AGA)の女性版と言われています。 

女性男性型脱毛症(FAGA)を理解するには、元となる男性型脱毛症(AGA)を知る必要があります。 

男性型脱毛症(AGA)とは、男性ホルモンが深く関わっている脱毛症です。男性ホルモンの1種であるテストステロンは、毛根部で酵素の影響を受け「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変化します。

ジヒドロテストステロン(DHT)は、髪の毛を生み出す細胞に作用してその働きを抑制します。さらに、毛周期を短縮させてしまうので、毛髪が十分に発育できず、抜け毛や薄毛につながります。

2.女性男性型脱毛症(FAGA)の症状

女性男性型脱毛症(FAGA)の症状には、以下のようなものがあります。

  • 髪が細くなってきた
  • 地肌が目立ってきた
  • 髪のボリュームが減ってきた
  • 髪にツヤやコシがなくなってきた 

頭のてっぺんや髪の生え際が特に薄くなる男性型脱毛症(AGA)と比べて、女性男性型脱毛症(FAGA)では毛髪が全体的に少しずつ薄くなっていきます。

ある意味、男性型脱毛症(AGA)はわかりやすく、女性男性型脱毛症(FAGA)はわかりにくい薄毛といえます。 

もう一つ、男性型脱毛症(AGA)と女性男性型脱毛症(FAGA)では、異なる点があります。それは、進行の速度についてです。男性型脱毛症(AGA)は、放っておくと毛髪がどんどん減っていきます。

しかし、女性男性型脱毛症(FAGA)の場合、減少したとしても一定量の女性ホルモンは分泌されるため、男性型脱毛症(AGA)のように症状が急激に進んでいくことはありません。

3.女性男性型脱毛症(FAGA)の原因

女性男性型脱毛症(FAGA)の原因は、女性ホルモンの減少によるホルモンバランスの乱れです。

「男性型脱毛症(AGA)は、男性ホルモンが原因といわれているのに、女性男性型脱毛症(FAGA)は、女性ホルモンの減少が原因とはどういうこと?」と思われる方も多いでしょう。 

女性でも男性ホルモンは分泌されています。男性型脱毛症(AGA)と異なる点は、男性ホルモンが直接的に脱毛の原因になるのではなく、女性ホルモンの低下が問題になるということです。 

これは、男性ホルモンと女性ホルモンが毛髪に対してどのような影響を及ぼしているかを知ることが謎を解く鍵になります。

  • 男性ホルモン→毛髪が抜ける方に作用する
  • 女性ホルモン→毛髪を育てる働きがある 

女性ホルモンが潤沢に分泌されている状態では、男性ホルモンによる毛髪へのマイナスの影響はありません。しかし、加齢や過度なダイエットなどで女性ホルモンの分泌が減ると、男性ホルモンとの比率が変わってしまいます。

「育てる」と「抜ける」のバランスが崩れることが薄毛につながってしまうのです。

4.女性男性型脱毛症(FAGA)の治療

女性男性型脱毛症(FAGA)の治療は、育毛外来や皮膚科で行われます。しかし、薄毛は病気と考えられていないため、ほとんどが保険適用外です。

女性男性型脱毛症(FAGA)の治療も、保険がきかない場合が多いと思ったほうがよいでしょう。 

保険がきかない「自由診療」は、医療機関が料金を独自に決めることが出来るため、治療費が高額になる場合もあります。

治療を始める前に、治療内容や料金を含めて問い合わせておくと安心です。 

1薬物療法

男性型脱毛症(AGA)であれば、フィナステリド(商品名:プロペシア)という特効薬があるのですが、女性はこの薬を飲めません。そのため、根本的な治療ではなく、内服薬や外用薬(育毛剤)で不足している栄養を補充し毛髪環境を整える処方が中心となります。 

2)HARG療法

成長因子を配合した薬を、頭皮に直接注射します。髪の毛を作る毛母細胞に働きかけることで、毛髪サイクルを整えます。 

3)自分でできること

女性男性型脱毛症(FAGA)の治療は、専門の医療機関を受診することが最善です。しかし、保険がきかない治療というのはなかなか敷居が高いものです。女性ホルモンを減らすような習慣をやめ、髪の毛が育ちやすい頭皮環境を作ることで症状の改善を試みましょう。

  • 適度に運動する
  • 十分な睡眠をとる
  • ストレスをためないようにする
  • 栄養バランスの整った食事を取る
  • 大豆製品(イソフラボン)を摂る​ 

女性男性型脱毛症(FAGA)は、なかなか気づきにくい病気です。早期に発見し治療を開始することで、女性男性型脱毛症(FAGA)の症状が改善する事が多くあります。女性男性型脱毛症(FAGA)は、しっかりと治療をすれば良くなる病気です。どうぞあきらめないでください。

当サイトの運営者について

全国から患者さんが来院される

横幕鍼灸院

当院は完全予約制です。
こちらにお電話の上、ご予約ください。
お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております

078-891-3590

住所

657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

診察時間

午前   9:00~13:00
午後 14:00~17:00

休診日

水曜日・木曜日

診察時間
9:00-13:00××
14:00-17:00×××

土日も診察しております。
研究・講義により、臨時休診する場合があります。

サイト内検索はこちらから

ご予約はこちら

当院は完全予約制です

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

スタッフ紹介

院長 横幕胤和

院長ご挨拶はこちら

医院概要

横幕鍼灸院

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

医院概要はこちら

当院の理念はこちら

診察日

土曜日・日曜日も診察しています。

当院は完全予約制です

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

診察時間

 

9:00~

13:00

14:00~17:00

土曜日・日曜日も診察しています。